文字サイズ変更 A - A+

夜になると目が見えない

暗いところで見にくい状態を夜盲といいます。夜盲の原因で多いのは、網膜色素変性です。そのほか、小口病や眼底白点症なども夜盲を主な症状とする、先天性の疾患です。栄養状態がよくない人が多かった時代には、ビタミンAの欠乏で、夜になると目がよく見えない夜盲の人がけっこういましたが、今ではほとんど見かけません。