文字サイズ変更 A - A+

視力の矯正

ティーンエイジャー4人に1人が視力の矯正を必要としています。そしてその視力の矯正手段は、おそらく眼鏡でしょう。近視遠視乱視の場合は、もう既にわかっていると思います。いずれも、ごく一般的な視力の問題で、若いころに明らかになります。

ここでは、レーザーによる手術(屈折矯正手術)は除外しましょう。この手術は、20代になってから検討するべきです。10代のうちは、おそらく眼鏡がまだ最善の選択肢でしょう。コンタクトレンズを使用しようと考えている場合は、保護者の方と相談してください。ただし、保護者の方や眼科医が、まだその時期ではないと判断するかもしれません。皆さんの目は一生を通じて変わり続けるので、将来はコンタクトレンズがふさわしい解決策になるかもしれません。

コンタクトレンズを使用する準備

コンタクトレンズを使用する準備ができているというのは、どのようにしてわかるのでしょうか?何歳からコンタクトレンズを使用していいという基準はありません。眼科医は、11歳でコンタクトレンズを勧めるかもしれません。あるいは、それより若い場合もあります。その日だけ装着して捨てるという1日使い捨てタイプを除けば、コンタクトレンズは毎日お手入れする必要があります。コンタクトレンズの装着とお手入れの基本、コンタクトレンズの選び方、コンタクトレンズの装着方法とお手入れの方法など、コンタクトレンズに関する基本的な事柄を10代とコンタクトレンズのセクションで説明しています。

コンタクトレンズを扱う準備ができているかどうかは、皆さんと保護者の方で判断することになります。

保護者の方へ

お子さんがコンタクトレンズを扱えるかどうかを最終的に判断するのは保護者の皆さんになります。コンタクトレンズのお手入れ、使用可能なコンタクトレンズの種類、眼鏡と比較したコンタクトレンズのコスト、目の健康を害さない方法でお子さんがコンタクトレンズを装着するために必要なことについては、保護者のためのコンタクトレンズガイドを参照してください。