文字サイズ変更 A - A+

水晶体の病気

白内障(はくないしょう)
水晶体が濁ってしまうのが白内障です。多くは加齢変化で、構成成分の蛋白質が白濁して起こります。治療は濁った水晶体を取り出し、眼内レンズで置き換える手術が確実です。
水晶体脱臼・水晶体偏位(すいしょうたいだっきゅう・すいしょうたいへんい)
水晶体を眼球壁に固定しているチン小帯と呼ばれる細い糸が、眼球打撲などで切れて支えを失い、硝子体に落ち込んだりした状態を水晶体脱臼といいます。