文字サイズ変更 A - A+

硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)

硝子体出血といっても硝子体そのものに血管はないので、この部位で出血するわけではありません。ほかの部位からの出血が硝子体腔の中にたまった状態を硝子体出血といいます。硝子体は無色透明なゼリー状のどろっとした組織で、この中に出血がとどまっていると光が出血によってさえぎられ網膜に届きません。その結果、飛蚊症、霧視、視力低下などが現れます。出血で最も多いのは、網膜の新生血管が破れるケースです。代表的なものとしては糖尿病網膜症網膜中心静脈閉塞症など、網膜の血のめぐりが悪くなる病気があります。このほかに後部硝子体剥離、加齢黄斑変性や網膜細動脈瘤などでの網膜下の大量出血や、くも膜下出血が硝子体腔に回る場合があります。

自覚症状としてよく聞くのが「墨を流したような影が見える」という表現です。飛蚊症、霧視、視力低下が起こることもあります。出血が多いときは眼底検査をしても中の状態がよくわからないので、超音波断層検査や光刺激による網膜の電気的な反応を検査して網膜の状態を調べたり、全身検査で糖尿病、高血圧、血液疾患があるかないかを調べます。 治療は一律にこれ、というものはありません。原因疾患、その状況、網膜剥離の有無によってさまざまです。