文字サイズ変更 A - A+

飛蚊症(ひぶんしょう)

白い壁や青空を見ると、虫が飛んでいるようなものが見えるときがあります。人によっては虫ではなく糸くずや髪の毛、おたまじゃくしのようなものと表現することもあります。ふつうの飛蚊症は硝子体の濁りが網膜に投影されて見えるもので、大半は病気とは関係ありません。年齢とともに、あるいは近視が強いほど出やすいといわれています。

とはいっても、飛蚊症が重大な病気のサインとなることがあります。たとえば網膜剥離では硝子体の牽引に伴って網膜に裂孔ができるとき、網膜の血管は破れて出血することがあります。それが硝子体腔へ拡散すると飛蚊症として自覚されるのです。この場合は「墨を流したような」と表現されることが少なくありません。網膜剥離を起こすと、光が走るようにぴかぴか光って見える光視症を伴うことがあります。このような2つの症状がある場合は早急に眼科を受診しましょう。