文字サイズ変更 A - A+

硝子体の病気

硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)
硝子体そのものに血管はないので、この部位で出血するわけではありません。網膜などからの出血が硝子体腔の中にたまった状態が硝子体出血です。
飛蚊症(ひぶんしょう)
白い壁や青空を見ると、虫や糸くずが飛んでいるようなものが見えるときがあります。これが飛蚊症です。多くは病気とは関係しないものですが、急にひどくなったときは網膜剥離など失明につながる重大な病気のサインのこともあります。