文字サイズ変更 A - A+

続発緑内障(ぞくはつりょくないしょう)

ほかの病気や薬の影響で眼圧が高くなるのが、続発緑内障です。基本的には開放隅角型と閉塞隅角型に大別されます。開放隅角型としては糖尿病、白内障ぶどう膜炎などに伴うもの、外傷性のものなどがあります。糖尿病やほかの網膜症では新生血管で隅角がふさがれて眼圧が高くなります。白内障やぶどう膜炎では炎症が眼圧を引き上げます。外傷性は眼球を強く打つと、虹彩の付け根が眼球壁からはずれ、線維柱帯の機能が悪くなって眼圧が上昇します

閉塞隅角型としては水晶体が眼球の内部で外れる亜脱臼、ぶどう膜炎の炎症で隅角が閉塞したとき、眼球内悪性腫瘍、網膜剥離の手術後などに起こります。また、ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)の長期点眼で隅角障害が起こり、眼圧が上昇することが知られています。ですから、アレルギー性結膜炎などでステロイド点眼薬を使っている場合は、定期的に眼圧を測る必要があります。

検査・診断は原因となる疾患によって異なりますが、眼圧が上昇し充血が強くなることが決め手になります。視力・視野検査、眼圧検査、眼底検査などを行い、充血や炎症を判断し、原因となる元の病気の検査も必要です。治療は、原因となる病気の治療、眼圧を下げるための薬物療法、レーザー治療、手術療法などを適宜行います。ステロイド薬を飲んでいるときは勝手に薬をやめると元の病気が悪化することがありますので、主治医と相談しながら中止することが大切です。