文字サイズ変更 A - A+

原発開放隅角緑内障(げんぱつかいほうぐうかくりょくないしょう)
原発開放隅角緑内障は、目の形を保つために眼球前部を循環している房水の出口に目詰まりが生じ、それによって眼圧が上昇して視神経が障害される病気です。このタイプの緑内障は自覚症状がほとんどなく、知らないうちに視神経が障害されます。
正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつりょくないしょう)
眼圧は正常でも、視神経乳頭変化と視野変化が起こるタイプの緑内障で、日本人の緑内障の6割がこのタイプです。自覚症状がなく進み、進行するとまず、視野の内側上方にみえないところが現れるようになります。
原発閉塞隅角緑内障(げんぱつへいそくぐうかくりょくないしょう)
房水の出口(隅角)部分が虹彩によってふさがれて狭くなることで起こります。眼圧が急激に上昇した場合、突然の眼痛や頭痛が起こり、嘔吐することもあります。
続発緑内障(ぞくはつりょくないしょう)
ほかの病気や薬の影響で眼圧が高くなって起こるのが、続発緑内障です。糖尿病や白内障に伴う開放隅角型と、水晶体亜脱臼や網膜剥離の手術後などに起こる閉塞隅角型に大別されます。
先天緑内障(せんてんりょくないしょう)
房水の出口である隅角の発達異常により、生まれつき房水の流れる線維柱帯の機能が低下して眼圧が高い緑内障を、先天緑内障といいます。眼圧が高くなって眼球がふくらむため、黒目が異常に大きくなります。