文字サイズ変更 A - A+

虹彩炎・毛様体炎(こうさいえん・もうようたいえん)

前部ぶどう膜炎の代表的なもので、虹彩および毛様体が炎症を起こし、腫れたり充血したりする病気をいいます。原因はぶどう膜炎で述べたように感染によるものと免疫反応によるものの2つがあり、これらは原因ではなく炎症を起こしている部位につけられた病名です。 症状は、球結膜(白目)の充血、羞明、流涙、眼痛などが現れ、視力低下を招くこともあります。

虹彩や毛様体の炎症は肉眼ではわかりにくいので、細隙灯顕微鏡で角膜水晶体の間の前房水に、炎症による混濁が存在していないかどうかを見ます。それと併行して原因疾患が何かを知るために血液検査、胸部X線検査なども行います。

炎症が虹彩毛様体に限られているときは、それを抑えるための治療薬として副腎皮質ステロイド薬の点眼がなされます。炎症が強いときは副腎皮質ステロイドの結膜下局所注射、内服も試みられます。また、虹彩と水晶体が癒着しないように散瞳薬の点眼も行われます。何らかの自覚症状があるときは、すみやかに眼科を受診しましょう。放っておくと、虹彩と水晶体が癒着して緑内障の原因となることもあるので注意が肝腎です。