文字サイズ変更 A - A+

眼瞼内反(がんけんないはん)

眼瞼(まぶた)が内向きとなる状態で、眼瞼の形態異常としては最もよく見られるものの一つです。睫毛(まつげ)が眼球に接触するために、角膜に点状表層角膜症を引き起こします。眼瞼内反には加齢性、先天性、痙攣性、瘢痕性などがあります。加齢性が最も多く、次いで先天性です。いずれもまぶたの皮膚の過剰・たるみ、皮下の筋肉の筋力低下などがその原因となっています。先天性のものの中で、まぶたの内反の程度が軽いものの皮膚や皮下脂肪が過剰なために皮膚の隆起が睫毛を内側に押し込む症状を、睫毛内反(しょうもうないはん)といいます。いずれも睫毛全体が角膜方向を向くため、多くの睫毛が角膜に当たってしまいます。

症状としては、乳幼児ではまばたきが異常に多い、光を異常にまぶしがる、目やにが出る、目が赤いなどが見られます。年長児、成人ではこれらの症状に加え、異物感、痛みなども訴えます。眼科の診察では、まぶたの形状、睫毛が角膜に接触しているかどうか、角膜がどの程度傷ついているかなどを調べ、診断をします。ふつう先天性の眼瞼内反や睫毛内反では1歳前後で自然に治ることもあるため、それまでは抗生剤の点眼などで様子を見ます。また2歳を過ぎても治らないときは、症状の強さ次第では手術をしたほうがよいでしょう。加齢性の眼瞼内反の場合は、睫毛を抜くことで一時的に症状は改善しますが、抜く際の苦痛と再び睫毛が生えることを考えると、手術をするほうが効果的です。