文字サイズ変更 A - A+

睫毛乱生(さかさまつげ)

睫毛乱生(しょうもうらんせい)のことを、一般的にさかさまつげと呼んでいます。眼瞼内反同様、睫毛が眼球の方向に向かって生えている状態をいいます。原因としては、毛根部あるいはその周辺での炎症によって生じた瘢痕収縮による睫毛の方向性の変化と考えられています。角膜に当たる睫毛は1本のみの場合もあれば多数の場合もあります。眼瞼内反ではまぶたそのものに問題があり、まぶた自体が内向きにまくれ込んでしまっています。さかさまつげではまぶたそのものではなく、毛の生え方に問題があるという点で両者は違います。

加齢性の眼瞼内反の治療でも述べたように、睫毛を抜くことで一時的に症状は改善しますが、根本的な治療とはなりえません。抜くことを繰り返しているとさらに太い睫毛が生えてくる場合もあります。完治させるにはやはり手術は不可欠です。睫毛の毛根を電気の針で焼く睫毛電気分解で治療することもありますが、治らない場合は手術します。