文字サイズ変更 A - A+

ものもらいは正式には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といわれる急性化膿性炎症です。原因はまつ毛の根本にある汗腺やまぶたにある脂腺(マイボーム腺)に細菌が感染するためで、原因菌としてはブドウ球菌がその多くを占めます。症状としてはまぶたの一部が赤く腫れ、痛みを伴います。症状が強くなるとまぶた全体が腫れ、目やにが出たり白目が赤くなります。数日で皮下に膿が現れ、そのままにしておくと皮膚が破れて膿が出ます。まつ毛の根元に起こったものを外麦粒腫(がいばくりゅうしゅ)といいます。これに対してまぶたの内側(裏側)に膿がたまったものを内麦粒腫(ないばくりゅうしゅ)といいます。治療は抗生剤を含む点眼だけで治る場合もありますが、腫れや痛みが強いときは抗生剤や消炎薬を内服すると数日で治るのが一般的です。麦粒腫は細菌によって感染しますので、日頃から汚い手で目をこすったりしないことが大切です。