文字サイズ変更 A - A+

眼瞼下垂(がんけんかすい)

上まぶたが垂れ下がってしまい、まぶたが上がりにくい状態をいいます。まぶたを上げるのは眼瞼挙筋(図1)という筋肉で、その筋肉を動かすのは動眼神経という神経ですが、このいずれかに異常をきたすと眼瞼下垂が起こります。

図1:上眼瞼断面図

眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあり、赤ちゃんに見られるもののほとんどは先天性です。赤ちゃんの目は生まれたときは閉じられていますが、日を追って徐々にまぶたが開いてくるのが一般的です。ところが眼瞼挙筋の形成が十分でないと、まぶたが上がりにくくなります。片目だけの場合が多いものの、両眼性も見られます。遺伝することもまれではありません。

最も多く見られるものに加齢による眼瞼下垂があります。これは眼瞼挙筋の筋力が低下するために起こるもので、見えにくいために本人が見るときにあごを上げる姿勢をとったり、まぶたを無理やり上げようとするため額にしわが寄ったり、眉毛を上げる動作をするので周囲で見ていてもわかります。

次にコンタクトレンズの長期装用などが原因となる場合です。
後天性のものとしては動眼神経麻痺(まひ)による眼瞼挙筋の麻痺、交感神経麻痺による瞼板筋の麻痺によるもの、神経の病気が原因のことがあります。ミオパチーや重症筋無力症という筋肉の病気になると、眼瞼下垂が起こります。ときとして、物が二重に見える複視を併発することもあります。これは眼球を動かす筋肉あるいは神経が同時に異常を起こすことが原因です。 眼瞼下垂の原因はさまざまですので、上まぶたが下がってきたと思ったら早めに眼科を受診し、原因を知ることが大切です。原因によって治療法や予後(病後の経過)は異なります。とくに急に起こったときは脳動脈瘤が原因のこともありますので、早期の脳外科手術が必要となります。赤ちゃんの先天性の重症の下垂では、とくに片方の場合、放置しておくと両眼視や視力の発達が阻害されて斜視や弱視になったりすることもあるので注意が肝腎です。いずれにせよ、眼瞼下垂の治療は手術が中心となります。