文字サイズ変更 A - A+

まぶたと涙道の病気

麦粒腫(ものもらい)
麦粒腫とは「ものもらい」のことで、まぶたの急性化膿性炎症です。原因はまつ毛の根本の汗腺やまぶたにある脂腺(マイボーム腺)への細菌感染です。治療は抗生剤の点眼で、症状によっては内服薬が処方されることがあります。
霰粒腫(さんりゅうしゅ)
まぶたの裏側にある脂腺(マイボーム腺)が詰まって、まぶたの中に小豆大のコロコロした腫瘤(しこり)ができるのが霰粒腫です。霰粒腫は幅広い年齢層に発症する病気ですが、高齢者で再発を繰り返す場合は脂腺がんも疑われますので要注意です。
眼瞼内反(がんけんないはん)
まぶたの形態異常としては最もよく見られるものの一つです。原因は加齢が最も多く、次いで先天性です。まぶたが内向きとなるので、まつげが眼球に接触して、角膜に傷が付いてしまいます。
睫毛乱生(さかさまつげ)
一般的には「さかさまつげ」と呼んでいます。まつげが眼球の方向に向かって生えている状態で、原因としては、毛根部あるいはその周辺での炎症によって生じた瘢痕収縮による睫毛の方向性の変化と考えられています。
眼瞼下垂(がんけんかすい)
上まぶたが垂れ下がってしまい、上がりにくい状態をいいます。まぶたを上げる筋肉・眼瞼挙筋、あるいはその筋肉を動かす動眼神経のいずれかに異常をきたすと眼瞼下垂が起こります。
鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)
涙は目を潤し、さまざまな病原から目を保護するために、常に目の上を流れています。涙は排水口である涙点から、鼻涙管を通って鼻腔に流れています。この鼻涙管が詰まると涙は排水できなくなり、目からあふれてしまいます。
涙嚢炎(るいのうえん)
涙の排水路である鼻涙管の閉塞がベースとなって発症します。排水管である鼻涙管が詰まって、その上流の涙嚢内にたまった涙に細菌感染が生じ、膿が貯留した状態になるため、常に目やにが出るようになります。
兎眼(とがん)
顔面神経の麻痺によって眼輪筋が麻痺し、目を閉じることができなくなる病気です。目の表面が乾燥するためごろつき感や痛みが起こります。