文字サイズ変更 A - A+

雪眼炎(せつがんえん)

紫外線によって起こる表層角膜炎のことです。紫外線の強い場所、たとえばスキー場、海水浴場、高山などで角膜が直接かつ長時間紫外線に曝露(さらす)された場合に起こります。また、電気溶接が原因の場合を電気性眼炎といいます。スキーから帰って寝ていたら激烈な眼痛で目を覚まし、まぶしさや流涙で目が開けられなくなって眼科を訪れるケースが多いようです。病変は主にびまん性の表層角膜炎で、ひどくなると角膜びらんをきたします。

検査では点眼麻酔薬で疼痛をとってからゆっくり目を開けてもらい、角膜表面を観察します。角膜表面の反射が乱れ、薄い混濁があり、結膜が充血していたら雪目と診断します。ただし、薬物、薬液が原因の場合もありますので紫外線曝露の有無も確認します。 治療は点眼麻酔薬で疼痛をとり、抗菌薬、角膜保護のために眼軟膏を入れ、眼帯、冷湿布をします。鎮痛薬の内服もします。早ければ翌日、遅くとも数日で回復します。