文字サイズ変更 A - A+

円錐角膜(えんすいかくまく)

角膜の中央が円錐状に突出する疾患です。多くは両眼性で思春期に発病し徐々に進行しますが、30代以降は通常あまり大きく進行することはありません。原因ははっきりわかっていませんが遺伝的要因が関与しているとされ、アトピー性皮膚炎を合併していることも少なくありません。痒いために目をこするという外力が悪化の要因になっているともいわれています。

初期症状のときは遠くが見えにくいことがあるものの、眼鏡で十分視力が得られます。さらに角膜の突出が進むとハードコンタクトレンズが必要となります。検査は、軽症の場合は角膜表面の形を解析するフォトケラトスコープやビデオケラトスコープという特殊な装置による検査が行われます。進行したものは細隙灯顕微鏡検査でわかります。

軽症・中程度ではハードコンタクトレンズの装用で、ある程度の視力を得られます。装用することによって円錐角膜の進行を抑制する効果もあります。コンタクトレンズをしてもすぐに脱落したり異物感が強くて装用継続不可能なときは、角膜移植に踏み切ります。予後は角膜の病気の中では最もよいとされています。 気をつけなくてはならないのは、軽度の円錐角膜の人が近視などを手術で治す屈折矯正手術を受けてしまう場合です。角膜が薄く突出しているのに、この手術で角膜をさらに削ってしまうと症状はますます進行するため、注意が肝腎です。