文字サイズ変更 A - A+

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

角膜表面の上皮だけでなく、実質にも濁ったり薄くなったりという影響が及ぶものを角膜潰瘍といいます。治った後も視力障害が残り、角膜に孔が開いてしまうと失明に至ることもまれにあります。原因は外傷やヘルペス、細菌、真菌(カビ)、アメーバなどによる感染が主たるものです。このほかに、免疫反応の異常による場合(蚕蝕性角膜潰瘍)、酸やアルカリが目に入って起こる場合(角膜化学腐蝕)、また糖尿病の合併症で知覚神経が障害されて起こることもあります。

白目の充血、痛み(ときに激痛もある)、目のごろつき感、流涙、眼脂の増加、視力低下などが主な症状です。検査は感染が疑われる場合は、角膜の悪い部分を削ってそこに細菌やヘルペスウイルスがいないかどうかを調べます。そのほか、角膜の知覚低下を見たり血液検査で自己免疫疾患の有無もチェックします。感染が原因となっているときは、その微生物を特定したうえで、点眼、眼軟膏、点滴、内服、結膜下注射などの方法で薬剤を投与します。感染でないときは、抗炎症薬の投与、眼軟膏を入れての角膜上皮の治療促進、治療用コンタクトレンズの装用などの方法がとられます。こうした治療で治らなかったり角膜穿孔を起こしたりしているとき、また濁りが強く視力がうまく回復しない場合は、角膜移植を行います。