文字サイズ変更 A - A+

角膜(かくまく)ジストロフィ

角膜ジストロフィは遺伝的要素が強く、何らかの原因で角膜に濁りが生じ障害が出る病気です。角膜ジストロフィは、角膜の濁りの違いで顆粒状角膜ジストロフィ、格子状角膜ジストロフィ、斑状角膜ジストロフィ、膠様滴状角膜ジストロフィ、フックス角膜内皮ジストロフィに分類されます。膠様滴状角膜ジストロフィは日本人に多く欧米ではまれ、逆にフックス角膜内皮ジストロフィは欧米に多く日本人には少ないのが特徴です。

最も頻度が高いのは顆粒状角膜ジストロフィで、角膜の混濁が部分的で軽度な場合はまったく無症状ですが、加齢とともに視力低下やまぶしさを訴えるようになります。格子状角膜ジストロフィは顆粒状角膜ジストロフィより視力低下が強く、再発性角膜びらんのために眼痛が起こることがあります。斑状角膜ジストロフィとフックス角膜内皮ジストロフィでは加齢とともに視力障害が強くなります。膠様滴状角膜ジストロフィは早い時期にアミロイドという物質が角膜表面に付着してでこぼこができるため、強い視力障害やまぶしさを訴えることが少なくありません。再発性角膜びらんも併発します。

白血球によるDNA検査を分析して原因遺伝子を特定しますが、まだ一般的な検査として普及していません。治療ではエキシマレーザーを使用して角膜表面の濁りの部分を削る方法や角膜移植が行われますが、再発することがあり完治が難しい病気です。