文字サイズ変更 A - A+

春季カタル(しゅんきかたる)

春季カタルはアレルギー性結膜炎の重症タイプで、青少年に多く発症します。アレルギー性結膜炎とは外来異物(アレルゲン、抗原)に対して、生態防御反応(アレルギー)が異常に亢進し、結膜に炎症を引き起こす病気です。アトピー体質(アレルギー反応を起こしやすい体質)の人にはとくに多く見られます。外来異物としては花粉、真菌(カビ)、ダニ、ハウスダスト、動物の毛などがあげられますが、花粉については季節性があります。

症状の最たるものは掻痒感(かゆみ)で、結膜充血、浮腫、異物感、眼脂、眼瞼腫脹なども見られます。ときとして角膜(黒目)に傷ができることもあります。春季カタルに特異的な病変の一つは、上眼瞼結膜(上まぶたの裏側)にブツブツ(乳頭)ができることで、重症例では大きなブツブツ(巨大乳頭)となります。これは石垣状巨大乳頭と呼ばれています。

診断は、強い掻痒感を伴う結膜充血、浮腫、眼脂からつきます。加えてアトピー体質や症例の季節性も診断材料として有効です。アレルギー性の眼脂はねっとりした粘液性のことが多く、また眼脂中の白血球細胞中に好酸球が多いことも春季カタルを特徴づけます。 治療はまず抗原を特定し、それを避けることから始まります。抗原特定に際しては疑わしい抗原を塗布して反応を見るパッチテストや、血液を調べるRAST法、MAST法などがあり、ステロイド薬の点眼が行われます。ただし長期間のステロイド薬服用では緑内障などの副作用が出る場合があるので、症状が軽くなったら非ステロイド系の抗アレルギー薬や消炎薬に切り替えます。また上眼瞼結膜にできた巨大乳頭は、手術で除去する場合もあります。