文字サイズ変更 A - A+

結膜下出血(けつまくかしゅっけつ)

結膜が出血によって突然赤くなる状態が結膜下出血です。出血の程度は一部がうっすらと赤くなるものから全体に及ぶものまで、さまざまです。外傷、炎症、血液疾患、高血圧など、その原因を特定できるものもありますが、そのほとんどは加齢による結膜のたるみです。朝、鏡を見て、あるいは人に指摘されて初めて気づくことが多く、自覚症状としては軽度の異物感くらいで、痛みはなく、眼脂も出ないのがふつうです。

検査・診断には細隙灯顕微鏡が用いられ、容易に診断がつきます。出血を繰り返すようならその原因を探ります。通常1~2週間ほどで自然に治りますが、出血を繰り返すときには止血薬などを用います。痛みや眼脂がなく、明らかに出血とわかれば様子を見てもかまいませんが、もし充血しているようならば専門医に診てもらう必要があります。