文字サイズ変更 A - A+

医学的な弱視とは、眼球や視神経などに視力低下の原因となる異常はなく、眼鏡等で矯正しても視力がでない状態をいいます。 原因は、視覚機能が最も発達する乳幼児期に、斜視や強度の遠視、乱視や先天性の白内障などの疾患などのために網膜に正しく像を結ぶことができず、脳の視覚機能の発達が阻害されたためです。

弱視には、斜視による斜視弱視、強い遠視や乱視が原因の屈折異常弱視、片方の目が強い遠視の不同視弱視、白内障や幼い頃に眼帯を長期間かけていたために起こる形態覚遮断弱視があります。

治療法は、基本的には眼鏡の装用、また、その上で視力のよい方の目を一定時間ふさぎ(アイパッチ)、弱い方の目を使うことで視覚機能を高める方法です。斜視や原因疾患の除去のため手術を行うこともあります。