文字サイズ変更 A - A+

斜視(しゃし)
私たちの左右の目は同調して動き、両目で物を見ることによって遠近感や立体感を認識することができます。斜視では左右の目が同じ方向を向かず、同じものを同時に見ることができません。
弱視(じゃくし)
弱視とは、眼球や視神経などに視力低下の原因となる異常はなく、眼鏡等で矯正しても視力がでない状態をいいます。乳幼児期に、斜視などの疾患があって網膜に正しい像を結ぶことができず、脳の視覚機能の発達が阻害されたために起こります。