文字サイズ変更 A - A+

目の仕組みはカメラの仕組みに似ています。

目に入ってきた光線は角膜で屈折され、さらに水晶体で屈折され、スクリーンの役目をする網膜の上で像を結びます。角膜が光を屈折させる屈折力は変えることはできません。しかしカメラのレンズに当たる水晶体は、その厚みを自動的に調節して、網膜に映ったときにちょうどピントが合うようにします。水晶体の厚みを変えるのは、毛様体という筋肉です。近くを見るときには毛様体は緊張してレンズを厚くし、屈折力を強くします。遠くを見るときやぼんやりしているとき毛様体は弛緩し、レンズを薄くして屈折力を弱くします。目が調節なしの状態で、入ってきた平行光線が網膜上に像を結ぶことができる屈折状態を正視といいます。正視は遠くを見るのに適した目です。

これに対し、近視遠視乱視などを屈折異常と呼びますが、これは網膜(スクリーン)の前方や後方で像を結んでしまうために、視力が低下している状態です。それは、①角膜や水晶体(レンズ)の屈折力の調節がうまくいかなくなった、②角膜から網膜までの長さ(眼軸といいます)が長いか短いかの状態にある、の2つの理由が考えられます。