文字サイズ変更 A - A+

40歳を過ぎた頃から近くの物が見えにくいと訴える人が現れ、加齢とともにその数は増えていきます。加齢によって水晶体の弾力性が弱まることで、調節力が弱まって視力低下が起こるのです。これが老眼(老視)です。老眼鏡で調節力を補う必要があります。老眼鏡は近用だけのものや遠近両用タイプ、中間部も見えるようにした累進焦点タイプなどさまざまなものが出ています。

老眼の初発時期や進行具合は個人差が大きいものです。近視の人にも遠視の人にも視力が正常な人にも起こります。近視の人の場合は凹レンズの度数を弱くしたり、近視用の眼鏡をかけずにすませたりする対処法ですむ場合があるので、近視のない人の老眼の進行よりは遅く感じられます。 老眼は初期には速く進行するように感じます。できるだけ度数の変化に合わせて老眼鏡を替えていくことが、目の疲れの予防につながります。