文字サイズ変更 A - A+

眼球は完全な球体ではなく、人によって大なり小なり歪みがあるものです。角膜の歪みがごく小さく、視力に影響を及ぼさない場合がほとんどですが、その歪みが強くなると乱視を引き起こしてしまいます。多くは角膜が楕円形になり、縦軸と横軸のカーブが異なるために縦方向と横方向のピントがずれてしまい、物がぼやけたり像がにじんだりします。乱視になると水晶体が屈折力を調節してもピントが合わないため、見にくくなったり、眼精疲労が起こりやすくなります。

正乱視は縦方向と横方向のカーブが異なるために起こる乱視で、先天性のものです。不正乱視は角膜の病気やけがで角膜表面に歪みが生じて起こります。子どもの乱視は程度により弱視になるので、注意が必要です。

正乱視の多くは円柱レンズを用いた眼鏡やコンタクトレンズで矯正できます。ただし強度な正乱視や不正乱視はそれだけでは視力が改善されません。その場合はハードコンタクトレンズを装用します。ハードコンタクトだとレンズと角膜の間が涙で満たされ、滑らかな球面を形づくるので、乱視が矯正されます。重症例にはレーザー手術が行われます。