文字サイズ変更 A - A+

屈折と調節
水晶体は、その厚みを自動的に調節して、網膜にピントが合うようにします。近くを見るときには水晶体を厚くし、屈折力を強くし、遠くを見るときやぼんやりしているときはレンズを薄くして屈折力を弱くします。
近視(きんし)
近くの物には焦点を合わせて見ることができるのに、遠くが見えにくい状態を近視といいます。遠くの物体が網膜よりも前に像を結んでしまうためにピントが合わず、ぼんやり見えるのです。
遠視(えんし)
遠視は網膜上に結ぶはずの像が、網膜より後ろで焦点を結ぶため、近くも遠くもぼやけて見える状態です。幼児は眼球が小さいので遠視の傾向にありますが、中等度以上の場合は弱視になることもあるので早めの受診が必要です。
乱視(らんし)
乱視では角膜が楕円形になり、縦軸と横軸のカーブが異なるために縦方向と横方向のピントがずれてしまい、物がぼやけたり像がにじんだりします。乱視になると水晶体が屈折力を調節してもピントが合わないため、眼精疲労が起こりやすくなります。
老眼(ろうがん)
加齢によって水晶体の弾力性が弱まり、調節力が低下して近くのものが見えにくくなった状態が老眼(老視)です。老眼は初期には速く進行するように感じます。できるだけ度数の変化に合わせて老眼鏡を替えていくことが、目の疲れの予防につながります。