文字サイズ変更 A - A+

物が小さく、歪んで見える

中心性漿液性脈絡網膜症では中心暗点のほかに、物が歪んで見える、暗く感じる、物が小さく見えるなどの症状が現れます。ふつうは片方の目だけに現れます。過労やストレスが原因とされています。失明に至るようなことはまれです。
中心性漿液性脈絡網膜症は働き盛りの40代男性に多く見られますが、もう少し上の50~60代に好発する加齢黄斑変性でも物が歪んで見えます。