文字サイズ変更 A - A+

眼前にちらちらするものがある(飛蚊症)

目の前にごみ、蚊、糸くずのようなものが飛んでいて、あちこち動いて一定しない、白い壁や空を見上げたときにひどくなる。これが、いわゆる飛蚊症という症状です。硝子体の混濁が原因で、心配のいらないものがほとんどです。これを生理的飛蚊症といいます。黒い点やちりのような物が眼底に影を落とすようになり、これが目を動かすと揺れて見えるのです。なかには硝子体が加齢によって変性し、中の水分が減って小さくなり、眼底から浮き上がってしまう(硝子体剥離)こともあります。しかし視力低下がない場合は治療の必要はありません。
飛んでいる物の数が急に増えたり、視野が欠けたり見えにくくなったりした場合は、眼底出血や網膜剥離光視症の可能性があるので、すぐに眼科を受診してください。