文字サイズ変更 A - A+

目が見えにくい原因はいろいろ考えられます。

屈折異常が原因

まず近視遠視乱視などの屈折異常の場合です。屈折異常が原因の場合、目の状態を詳しく調べて、きちんと矯正できる眼鏡やコンタクトレンズで改善しましょう。 屈折異常、とくに遠視や乱視では、物を見ようとして必要以上に目を酷使してしまいます。 その結果、頭痛や肩こりなどの全身の症状を引き起こします。 我慢せずに早めに視力を調べてもらい、適切な矯正を行いましょう。 また、加齢によって近いところが見えなくなってくる老眼は調節異常の主なものです。


水晶体の異常が原因

高齢者で目がかすむ、まぶしくなるなどの症状が現れたら、白内障(白そこひ)の可能性があります。これは水晶体に濁りができる病気で、徐々に視力の低下が進んでいきます。水晶体の中央部分が濁ってくると見えづらくなります。濁ったレンズ=すりガラスを通して見るような見え方になります。一度濁ってしまった水晶体は目薬・飲み薬では元に戻りません。手術で濁った水晶体を除去して人工の眼内レンズを入れる治療が行われます。白内障の原因は解明されていませんが、大部分は加齢によるものです。


眼圧の異常が原因

眼球の内側から外側に向かってかかっている圧力を眼圧といい、眼圧が一定でないと眼球は形や硬さを保っていられなくなります。眼圧を一定に保っているのが房水です。緑内障(あおそこひ)は房水の排出がうまくいかなくなって、眼圧が上がった状態が続き、視神経が障害されてしまいます。原発開放隅角緑内障では病気が進むと視力の低下や視野が狭くなる、街灯の周りに夜、虹が見える(虹視)などの症状が現れます。 日本人の多くは自覚症状のない、正常眼圧緑内障です。 激しい症状が急に現れる原発閉塞隅角緑内障では視力低下も急激で、すぐに医師の診察を受ける必要があります。


眼底出血が原因

最も代表的な疾患が、糖尿病網膜症です。糖尿病になると血液中の糖分(血糖)が体の細胞に取り入れられず、高血糖状態の血液が流れ続けるため、体のさまざまな部位で異常が起こります。網膜の血管も高血糖状態の血液によって損傷を受けたり詰まったりします(単純糖尿病網膜症の段階)。その結果、網膜は酸素を受け取ることができなくなります。酸欠状態になった網膜は新しい血管をつくって酸素不足を補おうとします(前増殖糖尿病網膜症の段階)。しかし新生血管はもろいので、すぐに破れて出血を起こします(増殖糖尿病網膜症の段階)。このように糖尿病網膜症になると網膜はたいへんなダメージを受けてしまいます。前増殖糖尿病網膜症の段階では、目がかすんだりすることがあります。また増殖糖尿病網膜症に進むと急激な視力低下を伴うことがあります。 明暗がわからなくなるほど急激な視力低下を起こすのは、網膜中心動脈閉塞症網膜中心静脈閉塞症です。閉塞の範囲や部位、眼底出血の規模などによって症状は異なります。とくに網膜の中心部が障害されると視力低下は著しくなります。 加齢黄斑変性でも視力の低下が見られます。

視神経の異常が原因

急激に視力が低下するのが視神経症(炎)です。目から得た情報を脳へ送る視神経が異常を起こしてしまう疾患で、原因はウイルス感染や多発性硬化症などが考えられています。


感染が原因

角膜ヘルペスや感染性の角膜潰瘍でも視力低下が起こります。とくに角膜潰瘍での視力低下は急激です。 ぶどう膜炎でもぶどう膜が炎症を起こし腫れて充血することで、房水や硝子体に濁りが出て、物がかすんで見えるなどの症状が現れます。自己免疫疾患であるベーチェット病原田病サルコイドーシスではぶどう膜炎を一症状として起こすことが多く、視力低下や目のかすみなどが現れます。


弱視が原因

弱視は乳幼児期に形成される視覚機能の発達が障害されるので、外界の対象物を正しく認識できません。