文字サイズ変更 A - A+

色の区別がつかない

色の区別がつかない色覚異常の多くは先天性のものです。赤と緑の区別能力が低下している2色覚か異常3色覚が代表的ですが、日常生活に支障はありません。しかし、職業を選ぶときに制約が生じることがあります(航空・海事・鉄道などの一部の業務やデザイナーなど)。
後天性のものには、重症の加齢黄斑変性などの網膜や視神経の疾患で起こることがありますが、それほど多くありません。