文字サイズ変更 A - A+

眼精疲労(目が疲れる)は目を使うことで、充血、視界がぼやけるなどの目の症状だけでなく、肩こり、頭痛、首や背中のこり、集中力の欠如、いらいら、不眠などの全身症状が現れる症候群です。
原因はさまざまです。まず多いのが老眼か遠視です。次に多いのが乾性角結膜炎(ドライアイ)です。そのほか、VDT症候群(Visual Display Terminal=パソコンによるもの)もあります。
原因が特定できたらそれを治すことで症状は軽減されますが、生活習慣や姿勢などとの関連が強いので、根本治療には生活の改善が必要となるでしょう。
学習時や作業時に姿勢を正しくする、手元を明るくするなどして、目にやさしい環境を整えることも大切です。パソコンやゲーム、テレビなどは定期的に休憩をとるなどして、目を酷使しないことも忘れてはいけません。
原因不明の眼精疲労には、低血圧など全身の病気が隠れている場合があります。思い当たる場合は、内科を受診してみましょう。