文字サイズ変更 A - A+

目が赤い、目やにがでる

目が赤くなったり(充血)、目やにが出る原因の多くは、細菌やウイルスの感染による結膜の炎症です。はやり目と呼ばれる流行性角結膜炎は主にアデノウイルスが原因です。ウイルス性結膜炎や細菌性結膜炎は白目全体が充血します。
アレルギー性結膜炎(花粉症など)のように、花粉や薬が原因になるものもあります。重症型の春季カタルになると角膜に潰瘍や傷ができることもあるので、注意が必要です。
翼状片という病気では、目がしらのほうから、白目が黒目の一部にかぶさってきます。それに伴い、充血や違和感が起こります。
角膜ヘルペス強膜炎ぶどう膜炎虹彩炎毛様体炎、脈絡膜炎)などによる炎症でも充血が現れます。
白目と黒目の境(角膜輪部)に水疱のようなもの(フリクテン)ができるフリクテン性結膜炎ではその部分を中心に充血が起こります。強膜炎では結膜の下の強膜が炎症を起こし、その部分が腫れて、青~紫色に充血します。上から押さえると痛みがあります。