文字サイズ変更 A - A+

目が開けにくい状態を眼瞼下垂といいます。赤ちゃんのときからある先天的なものは手術で改善します。後天的なものは加齢による場合が最も多く、コンタクトレンズの長期装用も原因になります。原因疾患として重症筋無力症や動眼神経麻痺などが原因のこともあります。この場合、斜視も伴い物が2つに見えます。
また眼瞼けいれんと呼ばれるものもあり、まばたきのコントロールができなくなってしまいます。とくに目を開けることが難しくなり、まぶしい、目を開けているのがつらい、目が乾く、痛い、まばたきが止められないなどの症状を訴える人もいます。治療は、眼輪筋の収縮によって目が開けにくくなっているので、ボツリヌス毒素をこの筋に注射して開けやすくします。