文字サイズ変更 A - A+

眼球は文字通り球形をしていて、外界の画像情報をキャッチし、眼球の奥にある視神経に伝える器官です(図6)。

図6:眼球の水平断面図

視神経に伝えられた情報は脳に送られ物を認識します。
外側の角膜と強膜で眼球を包みこみ、眼球を守り、形を保っています。前方にある角膜は透明で、外からの光を屈折させて目の中に入れます。一方、「白目」にあたる強膜は白く、あまり光を通しません。強膜の内側にはぶどう膜があります。ぶどう膜は虹彩毛様体脈絡膜の3つの部分から成っています。虹彩は水晶体の前にあって、瞳孔から入る光の量を調節しています。日本人では瞳のこげ茶に見える部分です。毛様体はチン小帯水晶体とつながって水晶体を支え、筋肉の働きで水晶体の厚さを変えてピントを合わせています。脈絡膜は血管が多く、網膜に栄養を送っています。

網膜はいちばん内側の壁で、視細胞(杆体細胞・錐体細胞)があって、光・色・形を感知します。ここに映った像が視神経を伝って脳に送られ、物が見えるのです。いちばん奥に黄斑部と呼ばれる部分があり、その中心である中心窩が物を見る中心になります。

水晶体は成分の60%以上が水で、光を屈折させるレンズの役目をしています。硝子体は中にゼリー状の物質が詰まっていて、眼球の形を保っています。水晶体から前の部分は、毛様体で分泌される房水という液体で満たされています。房水は血管のない角膜や水晶体に栄養を与えたり、眼圧調整をしたりします。

そのほか、眼球付属器と呼ばれるものに、眼瞼(まぶた)、結膜、涙器、眼筋、眼窩があります。結膜はまぶたの裏から強膜につながって眼球と眼瞼をつないでいます。涙器には涙腺と涙道があります。まぶたの目じりの上にある涙腺から分泌される涙は目を潤し、ごみを取って、目がしら側にある管から鼻に排出されます。眼筋は6本あり、眼球をいろいろな方向に動かすときに使われます。眼窩は眼球などを入れる骨のくぼみで、眼球を保護します。