文字サイズ変更 A - A+

夜盲・とり目(やもう・とりめ)

夜盲(とり目)は暗い所や夜、目が見えにくい状態をいいます。
夜盲には先天性のものと後天性のものがあり、先天性のものには加齢とともに進行する網膜色素変性と、進行しない小口病や眼底白点症などがあります。後天性のものには、ビタミンA欠乏症があります。
症状は、夜や暗い場所で見にくくなりますが昼間の視力にはまったく異常がなく、進行もしないものや、視野障害・視力障害などを伴うものまで、原因疾患によって異なります。
後天性の夜盲は、眼底検査などで症状の原因となる疾患を突き止め、治療します。
先天的な夜盲には、有効な治療法がないのが現状です。