文字サイズ変更 A - A+

糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

糖尿病網膜症は糖尿病の三大合併症の一つで、わが国の成人の失明原因の第2位となっています。糖尿病の高血糖な状態の血液が網膜の血管を障害することで網膜症が起こります。もろくなった血管は血流の圧力で弱い部分が伸びたり、伸びた部分に血液がたまって瘤のようになったり、その瘤が破れて出血したり、細くなった部分で閉塞したりします。このような血管の病変がいろいろな症状を引き起こします。

糖尿病網膜症は病期によって三つの段階に分けられます。

単純糖尿病網膜症:初期の段階で、細い血管壁が盛り上がってできる血管瘤や小規模な出血、小さな白斑(血液中の脂肪分などが漏れ出てできる)などが見られます。この段階だと、血糖値コントロールをしっかり行えば改善することも可能です。しかし無症状なので、よほどきちんと眼底検査を受けていないと難しいようです。眼底の血管造影には蛍光眼底検査が行われます。

前増殖糖尿病網膜症:単純糖尿病網膜症よりも一段階進行した状態です。血管が広範囲にわたって閉塞して、酸素の供給が十分でなくなっています。不足している酸素を補おうと、新生血管(異常な新しい血管)をつくる準備を始める段階です。かすみ目などが現れることもありますが、無症状のこともあります。この段階になると、レーザー光凝固を行って、新生血管の発生を防ぐ必要があります。

増殖糖尿病網膜症:さらに病状は進行し、すでに新生血管がつくられています。新生血管は硝子体や網膜にも伸びていきます。この血管はもろくてすぐに出血するため、硝子体の中で出血を起こすとそれが黒くちらちらして見える飛蚊症となって現れます。出血が広範囲に及ぶと視力低下が起こったり、網膜剥離を起こしたりします。網膜の中心の黄斑部という部分がダメージを受けると、急激な視力の低下が起こります。急激な視力低下は単純糖尿病網膜症の段階でも起こることがあります。
治療は、一般的にレーザー光凝固で、新生血管を消失させ、新しく新生血管が発生してくるのを防ぎます。初期には約80%に効果が見られます。レーザー光凝固は、カメラのフラッシュをたくような感じで、痛みも少なく、日帰りで行える療法です。
網膜剥離や硝子体出血などを起こしている進行例では、硝子体手術を行います。硝子体はゼリー状で、手術では出血している部分や変性している部分を取り去って人工の眼内灌流液に替えます。こうすることで低下した視力を改善したり、黄斑部を守る可能性を残します。しかしこれらの治療法は網膜症の進行を止めるためのもので、傷ついた網膜をもとに戻す治療ではありません。傷害を受けた網膜は回復することはないので、視力の改善があまり成功しないケースもあります。
このような事態に陥らないためには、なんといっても血糖値のコントロールが不可欠です。糖尿病とわかったら、たとえ目に異常を感じてなくても早めに眼底検査を受けて、自分の現在の状態を把握して、糖尿病網膜症にならないようにつとめることが重要です。

糖尿病黄斑浮腫:糖尿病網膜症にかかると、目の中の血管が損傷を受け、体液が血管外に漏れ出します。糖尿病黄斑浮腫は、体液が黄斑に入り込むことで起こり、次の2種類に分けられます。局所性糖尿病黄斑浮腫は、微細動脈瘤と呼ばれる血管の小さな異常によって起こります。もう一つのびまん性糖尿病黄斑浮腫は、眼底にある網膜毛細血管が拡張することによって起こります。
糖尿病黄斑浮腫の重症度は、「糖尿病網膜症の進行度」「糖尿病の種類やかかっている期間」「重症高血圧」など、いくつかの要因で決まります。糖尿病の患者さんの場合、発症するリスクがありますので、定期的に眼科検診を受けてください。そのうえで、「視野がぼやける」「ものが二重に見える」「飛蚊症がひどくなった」などの変化が目に現れた場合は、必ず眼科医に伝えましょう。
糖尿病黄斑浮腫に対しては、2種類の外科手術があります。局所性糖尿病黄斑浮腫に対するレーザー治療は、レーザー光を用いて血管の漏出部をふさぎ、黄斑内に体液がこれ以上入り込まないようにします。びまん性糖尿病黄斑浮腫に対するレーザー治療はグリッドレーザー治療で、拡張した血管を小さくします。どちらも、患者さんの視力を維持し、将来の視力低下を防ぐためのものです。治療後3か月経ったら再検査を受け、治療の効果を確かめます。