文字サイズ変更 A - A+

滲出性網膜症(しんしゅつせいもうまくしょう)

10歳以下の子どもに好発する疾患で、原因は究明されていません。成人の発症もまれに見られます。多くは片目にのみ起こります。 網膜の毛細血管がなんらかの理由で拡張したり蛇行したりして病変を起こし、血液から大量の脂肪物質や水分が漏れ出てしまいます。漏れ出た液体は網膜の中や下にたまります。そのため、網膜がむくんだり剥離したりします。侵入してきた液体によって網膜に異常が起こるので、「滲出性」と呼ばれています。コーツ病とも言われます。

症状としては、視力の低下が起こり、異常が黄斑部という眼底の中心に及ぶと、急速に見えなくなります。さらに進むと網膜剥離を引き起こします。 瞳の中に白い部分があるのが外から見ても光っていてわかるので(猫目、白色瞳孔)、それで気づくこともあります。同じく子どもの目の病気である網膜芽細胞腫でもこの症状が現れるので、鑑別診断が大切です。 診断は、眼底検査や蛍光眼底検査、CT、超音波診断、MRIなどで確定させます。

治療は、初期にはレーザーで病変部の異常な血管を凝固させて液体の滲出を止めますが、進行例ではあまり効果がありません。再発するケースも見られます。網膜剥離を起こしている場合は、硝子体手術を行います。 ある程度進行してから見つかることも多く、残念ながら視力が戻る可能性はあまり高くありません。