文字サイズ変更 A - A+

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離は大きくは、裂孔が見られる裂孔原性網膜剥離と裂孔が見られない非裂孔原性網膜剥離に分けられますが、一般的に網膜剥離といった場合は裂孔原性網膜剥離のことをさします。裂孔原性網膜剥離は、網膜に孔が開き、そこから網膜の下に硝子体からの水が入って起こるもので、剥離した網膜は次第に機能を失っていくため放っておくと失明に至ります。

症状としては飛蚊症や光視症に加えて、視野欠損が生じます。下の網膜が剥離すると上方の視野が、上の網膜が剥離すると下の視野が欠けます。ふだんは左右両目で見ているので、軽度だと気づかないことも珍しくありません。網膜の中央部の黄斑は細かいものを見る能力が格段に高い部分ですが、剥離が黄斑にまで及ぶと視力が急に低下します。物が歪んで見える変視症に至ることもあります。 治療は、剥がれた網膜を元の位置に戻し、裂孔をふさぐ手術を行います。手術には眼球の中から修復する方法と外から修復する方法があります。眼球の内側から修復する硝子体手術は、後部硝子体剥離による牽引が強いときや大きな裂孔があるときに行われます。具体的には硝子体を切除し、眼球内の液体を空気に置き換え、剥離した網膜を外側の色素上皮に接着させます。次に裂孔の周囲をレーザーなどで凝固します。網膜を元の状態に戻して固定したあとは、眼内の空気を吸収の遅いガスに置き換えます。ガスが自然に抜けるまでの数日間、剥離していた網膜は眼底に押さえつけられた状態を保ち、より強固に復位します。

眼球の外側から修復する強膜内陥術では、裂孔がある強膜の外側にシリコンスポンジを縫い付けます。そうすることで、眼球の内側をへこませて感覚網膜と色素上皮のすき間を縮めます。その結果、硝子体の牽引力は弱まり、裂孔・剥離部が凝固し、復位、固定します。感覚網膜下に多量の水分があるときは、強膜に孔を開けて水分を排出します。ときには、硝子体手術と同じように眼球内にガスを注入することもあります。 視野欠損があるかどうかを確認するには、日頃から片方の目を隠して、次のようなチェックをしてみてください。①視力は落ちていないか、②物を見るとき歪んで見えないか、③見えにくい部分はないか、④飛蚊症はひどくなっていないか。