文字サイズ変更 A - A+

網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)

網膜の静脈が詰まって出血を起こす病気で、「高血圧があって眼底出血がある」といわれたら、まずこの疾患が考えられるほど、頻度の高いものです。50歳以上に好発し、片目に現れます。網膜静脈の根元の部分で閉塞すると網膜中心静脈閉塞症となり、末梢が閉塞すると網膜静脈分枝閉塞症となります。閉塞の生じた部位や範囲によって、症状や治療法が異なります。

網膜中心静脈閉塞症の最も多い原因は高血圧です。また高血圧がなくても動脈硬化が進んでいれば、それも原因となります。 症状としては、網膜に出血やむくみが現れるため、視野欠損やものが歪んで見えたりします。なかには無症状のまま経過するものもあります。網膜の中心である黄斑部に障害が及ぶと、突然、視力低下をきたします。また広範囲に閉塞していると、眼底出血の症状が落ち着いた3か月から1年以上もたってから、硝子体出血や血管新生緑内障などの合併症が起こることもあります。これは網膜内に新たにつくられた異常な血管が引き起こすものです。新生血管はもろく、破れて出血しやすいため、硝子体に大出血を起こし、さらに重症の血管新生緑内障を起こすのです。また新生血管は網膜と硝子体を癒着させるため、硝子体に網膜が引っ張られて網膜剥離網膜裂孔を起こすこともあります。

診断は眼底検査、蛍光眼底撮影でつけられます。閉塞が起きた直後の急性期には、血栓溶解薬や循環改善薬などで閉塞した血管に血流を再開させる治療を行います。初期で症状が軽度な場合には、これだけで改善されることもありますが、中等度以上の場合は、眼底出血や網膜のむくみを抑えるためにレーザー光凝固も併せて行います。 急性期の症状がおさまったら、硝子体出血や血管新生緑内障、網膜剥離などの合併症を起こさないために、レーザー光凝固をタイミングよく行い、新生血管の発生を防ぐ治療を継続します。同時に、高血圧を改善することも忘れてはいけません。