文字サイズ変更 A - A+

網膜中心動脈閉塞症(もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう)《網膜中心動脈塞栓症》

網膜の動脈が詰まる病気です。中心動脈が詰まると網膜には血液が流れなくなり、1~2時間で網膜は壊死してしまいます。片方の目に起こります。 網膜動脈に動脈硬化が起きていて閉塞してしまうタイプと、血管のほかの部分でつくられた血栓が網膜動脈で詰まってしまうタイプ、網膜動脈に炎症などが起きて起こるタイプがあります。いずれも心臓の病気や頚動脈の狭窄・閉塞、動脈硬化、高血圧などとの関連が深いといえます。 症状は、どの部分で閉塞が起こるかによって異なります。網膜が部分的に壊死する網膜動脈分枝閉塞症では、視野欠損などの症状が現れます。動脈の根元のほうで詰まって網膜全体が壊死する網膜中心動脈閉塞症では、急速に視力が低下し、失明する可能性もあります。 ほとんどは急に発症しますが、網膜の瞬間的な虚血で、数秒間目の前が暗くなる一過性黒内障や頭痛、目の奥の痛みなどを自覚するケースもあります。

診断は、問診と眼底検査でほとんどわかります。 網膜が壊死しないうちに、発症から1~2時間で治療を行う必要があります。まぶたの上から眼球マッサージを行い、血栓溶解薬、網膜循環改善薬などを投与し、目への血流を増やすために頚部交感神経節ブロックなどを行います。眼圧を下げるために房水を抜いたり高圧酸素療法を行うこともあります。しかし治療が手遅れになり、網膜の血流が改善されず、視力も戻らないケースが多いのが現状です。 視力の低下や視野狭窄以外に痛みなどの症状がないので、受診を先延ばしにする人がいますが、それは危険です。同じような仕組みで起こる心筋梗塞や脳梗塞などと同様に緊急性のある疾患です。 網膜中心動脈閉塞症には動脈硬化が大きく関与しています。突然の発症で視力を失ってしまわないように、日頃から動脈硬化の改善と予防が大切です。